環境学習棟が開館しました。

  

環境学習棟            海のトンネル           バイオの丘 北側

  

資料展示室            見学通路             環境学習室

環境学習棟(資料展示室・環境学習室・見学通路など)の開館は下記の通りとなっています。
皆さんのご来館をお待ちしています。

開館時間:9時~17時まで
休館日:土曜日、日曜日、祝祭日

  

東側エントランス           テラス                見学通路

【注意事項】
○入り口は東側正面(エントランス海のトンネル)からお入りください。
*北側入り口は関係者専用になっていますので、一般の方はご遠慮ください。

○駐車場は建物の東側にあります。
○環境学習室などを環境活動などに使用する場合は、申し込みが必要です。

お申し込み・お問い合わせ:メールはこちらへ

くるるん施設所在と概要

■名称:おおき循環センター “くるるん”

  

■所在地:福岡県三潴郡大木町大字横溝1331番地1 〒830-0405
■TEL:0944-33-1231
■FAX:0944-33-1232

★メタン発酵施設(工事名:大木町有機資源循環施設建設工事)
■建設工事の概要
 設計・施工 三井造船株式会社九州支社
 工期 平成18年9月22日~平成18年10月30日
 建設工事費 519,960,000円
 工事経過 工事請負契約議決 平成17年9月22日
      起工式      平成17年11月15日
      試運転      平成18年9月~10月
      竣工       平成18年10月30日施設の概要

■施設の構成
原料受入貯留・前処理施設、高温液化・メタン発酵設備
ガス貯留・エネルギー利用設備・ 液肥貯留設備・水処理設備、脱臭設備

■敷地面積 3,850㎡
■処理棟延床面積 520㎡
■処理能力 生ごみ:3.8t/日 し尿:7.0kl/日  浄化槽汚泥:30.6kl/日
■処理方式 資源化:メタン発酵 水処理:高負荷脱窒素処理方式

★管理学習棟・バイオの丘(工事名:大木町循環センター建設工事)

  

■建設工事の概要

設計・施工管理 田崎順二 ランドスケーププロジェクト株式会社
施工 株式会社 熊丸組

工期 平成18年1月11日~平成18年9月30日
建設工事費 181,650,000円
工事経過 工事請負契約議決 平成18年1月11日
     起工式 平成18年2月2日
     竣工  平成18年9月29日

■施設の概要
管理学習 (環境学習室、作業室、車庫、事務室 資料展示室 トイレ、車庫)・バイオの丘

■構造     鉄筋コンクリート造一部鉄骨造1階建
■延床面積  460.48㎡

大盛況!菜の花祭り 4/5

4月5日の快晴の中で、『菜の花さるこいウォーキング』が行われました。

この日は、200名近い来場者があり、地元の前牟田西区や町内団体の方の地元の特産品を使った料理が振る舞われました。

参加された皆さんは、250万本の菜の花を背に、手作り料理を食べながら、ひょっとこ踊りやよさこいソーランの踊りを満喫。楽しい春の一日となりました。

 菜の花は4月いっぱい咲いてるそうだから、家族やお友達と遊びに行ってみてね!!

 みんなに楽しんでいただいた菜の花がこれから菜種油になっていくのが楽しみだね(*^_^*)

バイオガスプラント

バイオガスプラントの特徴

バイオガスプラントは、消化液を肥料として活用することでメリットが大きくなり、
イニシャルコスト・ランニングコストも大幅に削減されます。

以下、三つの特徴があげられます。

■完全嫌気発酵なので、発酵途中での臭いがもれない。

■メタンガスを回収し、エネルギー利用できるのでランニングコストが安い。

■消化液を液肥として活用することで、メリットが倍増する。

◎水処理のイニシャルコストやランニングコストが削減できる。

◎液肥を資源として活用できる。

バイオガスプラントは有機物(生ごみやし尿など)を資源に変える秘密兵器。
その仕組みは、微生物(メタン菌)がタンクの中で有機物を分解し、
バイオガス(メタンガス約60%、二酸化炭素約40%)と有機肥料を作り出します。

バイオガスプラントとは

バイオガスプラントは、メタン細菌という微生物の作用によって、生ごみやし尿の有機物を空気に触れない密閉状態(嫌気状態)で発酵させてバイオガスを発生させる方法です。空気のないタンクの中で発酵させるので発酵途中の臭いがもれないことが大きな特徴です。発生したバイオガスの成分は、約60%がメタンガス、約40%が二酸化炭素です。メタンガスは都市ガスやプロパンガスに比べて引火性が低く、爆発しにくいガスです。このメタンガスは、発電や温水などのエネルギーとして利用することが出来ます。バイオマス(生物起源・有機物や木材など)から発生するメタンガスは、石油やプロパンガスなどの化石燃料とは異なり、地球温暖化の原因にならない自然エネルギーの一部です。
メタン発酵(バイオガスプラント)は世界各国で昔から行われている技術で、特にヨーロッパ諸国や中国、インド、ネパールで盛んに活用されています。日本はどちらかといえばメタン後進国で、ここ数年になってようやく急速な広がりを見せ、全国の畜産農家をはじめ、し尿処理場、下水処理場、汚泥処理場などで使われるようになってきました。

たくさんの菜種がとれました

この前収穫した菜種の乾燥作業が6月24日に行われました。

約2haの田圃から収穫した菜種の量は、なんと5t。ということは、10a当たり250kgもとれた計算になるね。一粒一粒を丁寧に扱う今村さんもとてもうれしそう!

油になる日までもう少し・・・とっても楽しみだね。

菜種収穫作業開始

皆さんこんにちは!

菜の花プロジェクトを取材する“くるっち”だよ。お久しぶりだね!!

鮮やかな黄色で埋め尽くしていた菜の花も、段々茶色になって、房には菜種がぎっしり詰まってるみたいだね。

6月5日、今村さんの収穫作業を見に行ったら、汎用コンバインで作業されていました。米や麦の収穫は見たことがあるけど、菜種の収穫作業は初めてだな~

収穫した菜種は、これから乾燥調製されて、いよいよ菜種油づくりが始まるよ。

菜種油完成まで、楽しみだね!!

菜の花イベント間近 4/5(日)

すごーいもう菜の花満開だね!!

今日は菜の花の栽培をしている今村さんからメッセージがあるよ。

「4月5日に『菜の花まつり』と『菜の花さるこいウォーキング』を行います。

この日は、地元の前牟田西区や町内の団体の方の料理が振る舞われます(有料)。

250万本の菜の花を見ながらゆっくり春を満喫されませんか?

この日に来れない方でも、菜の花は4月いっぱい咲いていますので、ご家族やお友達とちょっと足を運んでみませんか?

 心よりお待ちしています!!」

http://www.town.oki.fukuoka.jp/oshirase/event/event_37.htm

菜の花が咲き始めました!

3月18日、前牟田西の皆さんと一緒に植えた菜の花(写真下)がもう満開~!!わーきれいだね。

遅れて種まきした2haの菜の花も着々と大きく育ってるね。1カ月前からあっという間にこんなに大きくなったんだね。

満開になる日が楽しみだね。

3月23日、5日前はまだ咲いてなかった2haの菜の花の花が…もうこんなに咲き始めてるよ!!

実は、4月5日(日)にこの場所で「菜の花まつり」が行われるんだよ。その日はもっともっと花が咲いて、すごい広さの菜の花畑にきっと感動するんじゃないかな!!

まつりでは、前牟田西区の皆さんの手作り料理が振る舞われるよ(有料)。

ぜひ皆さんも遊びに来てね~♪

菜の花プロジェクト始動

こんにちは!僕は、資源循環の妖精「くるっち」だよ。

今日は、大木町の「菜の花プロジェクト」で推進している菜種油の元になる菜の花を栽培している今村さんの所にお邪魔しています。

大木町で菜種油を取って、家庭で油を使って、使った後の油を車の燃料に使って・・・循環システムの確立を目指して、前牟田西区の今村利光さんが、2haの菜の花を栽培されているよ。

今村さんが、10月11日に2,200本の菜種を蒔かれて、これは5日目の苗だよ。この苗は、前牟田西に住んでいる皆さんと一緒に植えるための苗なんだよ。菜の花の苗ってなかなか見ないけど、かわいいよね。早く大きくなりますように☆

そして10月20日、前牟田西区の皆さんが植える田んぼの畝立てをされました。

菜の花植えの日が晴れるといいな~

いよいよ前牟田西区の皆さんとの菜の花の定植!10月20日、ちょっと天気が曇って心配だったけど、何とか雨も降らずに植える事ができたよ。この日は、子供さんからおばあちゃん達の代まで35人の参加があって、みんなで楽しみながら植えられました。

きれいな菜の花が咲くといいなあ…

前牟田西区の田んぼの定植が終わってからは、いよいよ2haの田んぼに菜種をまく準備が始まったよ。11月11日、菜種を蒔く前の田んぼに、菜の花が大きく育つための元になる液肥が散布されたよ。これは、大木町の皆さんから協力して出してもらっている生ごみが循環されて発生した液体の肥料だよ。菜の花がこれで、菜の花が元気づくんだよ。

2haの田んぼに、11月12日、今村さんがいよいよ菜種を撒き始められたよ。

何万本いや、何十万本の菜の花が咲くかな…きゃー楽しみだね。

菜の花の芽がだいぶん出てきたところで、除草作業の意味も込めて、2月16日に土入れが行われたよ。これからももっともっと菜の花が大きく育ってくれるといいなあ。

「くるるん米」まもなく収穫

「くるるん」で生産した有機質や微量成分を豊富に含んだバイオガス液肥「くるっ肥」で栽培中の「くるるん米」は、現在順調に生育しており、まもなく収穫の時を迎えます。

5月に「くるっ肥」を散布した56haのうち46haのほ場では、福岡県減農薬減化学肥料栽培基準を満たす栽培方法での取り組みを行っており、大木町産のブランド米「環のめぐみ」が誕生する見込みです。

町民の皆さんが分別した生ゴミが、安全でおいしいお米になって帰ってきます。

町民の皆さんには今年も低価格での販売を予定していますので、ぜひご賞味ください。

くるっ肥を使って米づくりをする中村勝さん(前牟田東区)

「くるるん米は元気に育っています。」